プロフィール

PROFILE

PROFILE  BIOGRAPHY


坂本あきひろ

東京都立川市出身(八王子市生まれ)
特技:野球(小・中学生時、日本代表として海外遠征、高校3年時、夏の西東京大会ベスト8)

 

高校卒業と共に、歌手を目指し、独学で作詞・作曲・ギターを始め、芸能プロダクションへの所属をきっかけに、本格的に芸能活動をスタートさせる。
事務所所属時代には、TVやラジオ番組への出演の他、バラエティ番組の制作などにも関わる経験を積む。

2010年、事務所から独立し、自主レーベルを設立。フリーでの活動をスタート。
デビューシングル「FRIENDSHIP」(2010年5月発売)が、新星堂インディーズCD全国売上ランキングで、週間売上「首位」を記録。
続く、2ndシングル「恋模様は雨模様/笑顔の種」(2010年12月発売)も、同ランキングで、2週連続「2位」の売り上げを記録する。

以降のCDは、店頭販売ではなく、手売りでの販売を先行でリリースし、現在までに、シングルCD7枚、アルバムCD4枚をリリースしている。

資金力も、人脈もない、個人での活動。
路上ライブや、飲食店での投げ銭ライブといった、ライブ中心の音楽活動を続けながら、支援や協力を頂いて、自分でチケットを売り歩き、目標として掲げた「たましんRISURUホール 大ホール」(2016年)、「中野サンプラザホール」(2017年)、「赤坂BLITZ」(2019年)といった、1,000人級のキャパシティーの会場でのワンマンライブも達成をしている。

オリジナル楽曲の制作にも力を注ぐ活動をし、「恋模様は雨模様」が、テレビ東京ミュージックと著作権管理委託契約を締結するほか、「君に、ありがとう」が、通信カラオケDAM、JOYSOUNDで配信、テレビアニメのエンディングソングとして「星に願いを」という楽曲を書き下ろすなど、現在までに、約50曲のオリジナル曲を制作している。

マスコミやメディアを賑わすような、華やかな活動ではないが、”やりたい”と思ったことを、地道にコツコツと、しかし、必ずやり遂げるといった活動を続け、10年以上に渡り、音楽活動で食べ続けている、フリーのシンガーソングライター。

 

タイトルとURLをコピーしました