もうすぐ衆議院議員選挙。人から『必要』とされる人たちは尊い

エッセイ
スポンサーリンク

10月31日(日)は、衆議院議員選挙ですね。

 

街頭で演説を見かけたり、家の周りを選挙カーが回ってきたり、賑やかになってます(笑)。

 

僕は歴史や、お祭り、イベントごとが好きなので、選挙ってワクワクするんですよね(笑)。選挙事務所に伺うと、尚更、その雰囲気を感じられて。当事者の人たちはそんな呑気なことは言ってられないとは思うんですが…(^▽^;)

 

さて、先日のこと。

 

親交のある候補者の事務所へ陣中見舞いに伺ってきました。

 

選挙事務所に伺うと、大勢の人たちがスタッフとして働かれていて活気のある感じ。

 

事務所に入るなり、候補者の秘書の方が、僕を見つけ、

 

”坂本さん、大変な時期なのに、わざわざありがとうございます!この人と繋がっておくと、坂本さんの活動にもいいかもなので、ご紹介しますね”

 

と、様々な方をご紹介してくださって。

 

個人的に応援に伺っただけだったので、名刺なども持ち合わせていなかったんですが、そういう心配りって嬉しいですよね。

 

ご紹介いただいた方たちと、少しの時間お話をさせて頂いたんですが、(仕事中なのでお邪魔にならない程度に)、皆さん、候補者のことが大好きで、本当に候補のことを、”この国に必要”だと思ってる人たちばかり。なので、話の熱量もすごい。

 

そこでふと感じたのが

 

人から必要とされる人って、すごいなぁ

 

っていうこと。

 

恥ずかしながら、ただ自分の好きなことだけでやってきた僕の人生では、人から必要とされて歌ったとか、何かをしたとかいうのは、あまり経験がないこと…

 

それだけに、政治でも、音楽でも、別の何かにおいても、人から『必要』と思われる存在って、それだけで既に”尊い存在”だなって、ふと思ってしまいました。

 

多くの人たちがその人を支持し、その人のために動いている。それって、ほんとにスゴイ。

 

生まれ変わることがあるのなら、僕も人から必要とされる生き方が出来る人間になれたらなぁ…と(笑)。

 

まぁ、その前に、人に色々迷惑をかけて生きてきてる現世なので、まず、現世で行いの贖いと、あの世で地獄の門を幾つも通りぬけてくる必要があるかもですが…(^▽^;)(笑)

 

スポンサーリンク

 

10/31(日)は投票日。日曜の都合が合わなければ、期日前投票もすでに始まっています。

 

人によっては

 

  • 誰に投票しても同じ
  • 誰も投票したい人がいない

 

そんな風に思うこともあるかも知れないですが、それでも結果、誰かが当選するんですよね。

 

本来なら、”この人”という候補がいればベストなんですが、万が一、たとえ”「消去法」でしか選択できない”というネガティブな状況だったとしても必ず誰かが当選する。

 

だったら、たとえ消去法でも、”少しでも自分の考えや意見に近い部分がある”だとか、”マシ”だと思える選択肢の候補や政党に票を投じるのも、やりようなんじゃないかなって思ったりもします。

 

まぁ、本当は、この人を支持したい!っていう候補が現れることがベストなんでしょうけど…(^▽^;)(笑)

 

まだまだ政治に興味のある人や、特定の支持政党がある人以外、選挙って身近に感じられなかったり、自分ごとに感じられない部分ってあったりするのかも知れないですよね。

 

僕自身、政治家が周りにいる環境になってから、政治をそれまでより身近に感じるようになったっていうのも事実だったりします。それまでは、「違う世界の話」くらいにしか感じられなくて、とても身近には感じなかったかなと。

 

ほんとは政治が誰にとっても、もっと身近な存在になるといいのになぁって思ったりします。その為には、政治家が身近に感じられる距離感にいることってすごく必要なことなのかもなぁとも。

 

何はともあれ、数年に一度の衆議院議員選挙。先人たちが作ってくれたせっかくの権利。日曜日には、ちゃんと選択し、投じて来ようと思います~。

 

では、この辺で~。

 

メールマガジンを登録して坂本あきひろを応援!

 

タイトルとURLをコピーしました