プロフィール

スポンサーリンク

PROFILE

PROFILE  BIOGRAPHY


坂本あきひろ

シンガーソングライター|プロデューサー|コンサルタント|
東京都出身

◎特技:野球(【小・中学生時】日本代表として海外遠征(アメリカ、台湾)|【小学6年時】「4番・捕手」として東京都大会準優勝|【中学3年時】「4番・外野手」として10大会中10大会優勝|【高校3年時】「外野手」として夏の西東京大会ベスト8)
◎趣味:歴史(幕末~明治維新、戦国時代が好き。高校時代の全国模試で、日本史偏差値「70」超えを記録)

~自主レーベル設立。新星堂インディーズCD全国売上ランキング「第1位」獲得~

芸能事務所に所属し、TV、ライブ活動、ラジオパーソナリティーを務めるなどを経て、2010年、自主レーベルを設立。セルフプロデュースでCDデビュー。フリーでの音楽活動をスタートする。
デビューシングル「FRIENDSHIP」(2010年5月発売)が、新星堂インディーズCD全国売上ランキングで、矢沢永吉、MONGOL800などの有名アーティストの名前も並ぶ中、週間売上「第1位」を獲得。
続く、2ndシングル「恋模様は雨模様/笑顔の種」(2010年12月発売)も、同ランキングで、2週連続「2位」の売り上げを記録する。

また、両シングルとも、三代目 J SOUL BROTHERS、浜崎あゆみ、ゆず、AKB48、自身が尊敬する小田和正などの名だたる有名アーティストたちと並び、新星堂のCD総合売上ランキングにもチャートインを果たす。

以降のCDは、店頭販売ではなく、手売りでの販売を先行でリリースし、現在までに、シングルCD7枚、アルバムCD4枚をリリースしている。

~「中野サンプラザホール」、「赤坂BLITZ」ワンマンライブ達成~

路上ライブや、飲食店での‟投げ銭ライブ”といった、ライブ中心の音楽活動を続けながら、支援や協力を頂いて、自分でチケットを売り歩き、目標として掲げた「たましんRISURUホール 大ホール」(2016年)、「中野サンプラザホール」(2017年:チケット価格4,500円)、「赤坂BLITZ」(2019年:チケット価格5,000円)といった、1,000人級のキャパシティーの会場でのワンマンライブも開催し、成功を収めている。

~通信カラオケ配信。TVアニメ エンディングソング担当~

オリジナル楽曲の制作にも力を注ぐ活動をし、「恋模様は雨模様」が、テレビ東京ミュージックと著作権管理委託契約を締結するほか、「君に、ありがとう」が、通信カラオケDAM、JOYSOUNDで配信、テレビアニメ(J:COM)のエンディングソングとして「星に願いを」という楽曲を書き下ろすなど、現在までに、提供楽曲も含め、約50曲近い楽曲を制作している。

~チャリティー活動実施~

東日本大震災、熊本地震、広島大雨災害などに於ける、チャリティーライブ・イベントや募金活動、地域の社会福祉協議会への寄付活動など、社会貢献活動への取り組みも、出来る範囲で実施してきている。

~企業の社外取締役・コンサルタントとして経営の健全化に協力~

音楽ビジネスで生き抜いてきた感覚を評価され、飲食業やサービス業といった他業種の企業などからの相談を受け、社外取締役就任や、コンサルタントとしてアドバイス業務に携わり、客観的な立場から、売上や集客アップ戦略、社内オペレーションの改善を提案、実施するなど、強み、数値、問題点を把握し、経営改善や問題解決をするなどの経験、実績も持つ。

~地道に目標を叶え続ける活動~

スコミやメディアを賑わすような、世間的に言う‟華やかな活動”スタイルではないが、ファンや仲間、幅広い人脈による支えのお陰で、‟やりたい”と思ったこと、”掲げた目標”を地道にコツコツと、しかし、”必ず実現させる”といった活動を、セルフプロデュースで2010年から10年以上に渡って続け、音楽活動で今日まで生き抜いてきたフリーのシンガーソングライター。

 

タイトルとURLをコピーしました