『赤坂BLITZ』ライブから2年が経過。当たって砕けろ・即実行!

ブログ
スポンサーリンク

2019年9月25日に開催した、「赤坂BLITZ」でのワンマンライブから、早いもので2年が経ちます。

 

幸運だったのは2020年9月で、BLITZは営業を終了してしまったため、終了する一年前に滑り込みで開催ができたこと。更に、少し遅れていたら”コロナ禍”に巻き込まれてしまって開催できなかったのかなと思うと、幸運だったなと。(2020年に初めて開催が決まっていた人たちを思うと、なんともやりきれない気持ちにはなりますね…)

 

この場をお借りして、改めて開催にご尽力いただいたすべての皆様、そして、会場を抑えるのに力を貸してくださった、ディスクガレージの小堀さんに感謝です。

 

ライブを中心に音楽活動をしてる人にとって、”いつか目指したい!”と思う会場って幾つかあると思うんです。その中の一つに『赤坂BLITZ』ってあると思っていて。僕もそうでした。(人気バンド「WANIMA」も、某番組で赤坂BLITZへの想いを語ってるのを見かけました)

 

その目指した会場でワンマンライブを開催できたのは、本当に恵まれていることだなって、改めて思います。

 

スポンサーリンク

ダメで元々⁈BLITZでのライブ開催の経緯

とはいえ、決してすんなりとBLITZでの開催が決まった訳ではなく…

 

2017年の「中野サンプラザ」でのワンマン開催後、BLITZでの開催を目指したものの、なかなか会場を抑えることが出来ず、次なる目標を見失いかけたこともありました。一年間くらい、燃え尽き症候群のような状態にも…。

 

そんな時に、”ダメで元々…”のつもりで連絡をしたのが、ディスクガレージ。

 

“赤坂BLITZでワンマンライブを開催したいのですが、会場を抑えることができない。お力を貸して頂けないでしょうか?”

 

と。

 

すると、「中野サンプラザ」でのライブ開催や、以前にも、別の件でディスクガレージとコンタクトを取っていたことがあり、それらのことで僕のことを知ってくださっており、一度ライブを観て頂いたうえで、“やってみましょうか!”と、開催に結びついたという経緯があります。

 

“上手くいかないように思えることも、具体的に動き続ければ、いつか、思った方向に進みだす”

 

まさに、そんな感じ。

 

僕が書いたオリジナル曲に「明日への道標」という曲があります。その歌詞には

 

“どんな時でも歩み続けてゆけば いつか必ず掴むこと出来るはずさ”

 

というフレーズがあったりします。この曲は、10年近く前に書いた曲なんですが、夢を追いかけて進んでる限り、いつまでも同じことが言えるんだなと、今になっても思いますね。

 

明日への道標
作詞・作曲 坂本明宏 夢を抱いて生きて欲しい どんな細やかな夢でもいい 先も見えない歩む道を きっと照らし出す道標になるから 予期もしない 霧が込めたとしても 迷わずに真っ直ぐに 未来を目指せる どんな時で...

 

スポンサーリンク

チャンスは待ってくれない。悩む前に、まず行動

営業終了してしまった今、一生の思い出となった「赤坂BLITZ」でのワンマンライブ。

 

“やる”と決めたら、”とことんやり続ける”。たとえ時間は掛かっても、いつか実を結び、花を咲かせることに繋がる。そんな風に思います。

 

そして、やっぱり思うのは、やりたいと思ったら即実行。これ絶対大事だなと。考えているうちに、チャンスなんてどこかへ行ってしまって一生訪れないこともある。「赤坂BLITZ」なんて、まさにそうで、今ではもうやりたくても出来ないですもんね。

 

何かを決めるとき、何かを始めるとき、”よく考えてみてから”という人も多いと思います。だけど、悩み、考えてる暇がったら、とにかくすぐ動く!ほんと、これ超大事!

 

BLITZでのワンマンライブ。一生忘れない、大切な思い出。

 

「赤坂BLITZ」でライブを開催すると一体いくらかかるか?
相談ミュージシャンマイナビBLITZ赤坂(赤坂BLITZ)でライブを企画したい!会場の使用料や、ライブ公演に掛かるおおまかな費用の目安がわかれば教えて欲しい。そんな風な疑問をあなたはお持ちではないですか?本記事では下記について解説していきま

 

メールマガジンを登録して坂本あきひろを応援!

 

タイトルとURLをコピーしました