ホワイト餃子『ギョウザの萬金』へ。小田急相模原のマジ美味餃子店

グルメ
スポンサーリンク

“久しぶりに、ホワイト餃子が食べたいなぁ~”と思い立ち、神奈川県相模原市にある、「ギョウザの萬金」へ行ってきました!

 

 

 

『ホワイト餃子』というと、千葉県の野田市が有名ですが、こちらの「ギョウザの萬金」さんは、そのグループの一員のお店とのこと。

 

『小田急相模原駅』から徒歩圏内にあるお店で、アクセスも便利な位置にある人気店です。僕の知ってる限り、いつ行っても“満席&入店待ち”が出るお店。

 

行ったこの日も、僕は運よく並ばずに入れましたが、その後すぐに入店待ちのお客さんが並ぶ感じに。さすが人気店。ちなみに僕は車で行ったのですが、お店の隣に結構な台数を止められる、お店専用の駐車場も完備されてます。

 

こちらの「ギョウザの萬金」さん。事務所に所属していた20代の頃、事務所の社長が差し入れで買ってきてくれたり、イベント終わりに、マネージャーや後輩たちとお店で食事をしたこともある、思い出の味だったりもします。数年ぶりの訪問。

 

スポンサーリンク

メニューは基本、餃子オンリー

「萬金」さんのメニューは、上の画像の通り、ほぼ、餃子オンリー。

 

その餃子も、“焼、水、蒸し”の違いがある程度。それに、スープ、ライス、サラダ、つまみ系、アルコールや、ノンアルコールのドリンク類があるだけ。ほんとシンプル。

 

この日注文したのは、

 

  • 『バンバンジーサラダ』(580円)

 

 

餃子が焼けるまでの待ってる間に、空き過ぎたお腹を満たしてくれます。お酒飲む人なら、これと、キムチ or ザーサイがあれば、餃子が焼けるまでの間、“ひもじい思い”をしなくて済むかと(笑)。ちなみに、出てくるのめっちゃ早かったです!

 

そして、メインの

 

  • 焼餃子(8コ)(480円) ※写真は2人前。

 

 

“ホワイト餃子”と言えば、何と言っても、この見た目ですよね。

 

”揚げ焼き”とでも言うんですかね?厚めの皮全体がこんがりキツネ色に。食感的には、厚めの皮というのもあって、どこか“饅頭”に近い感覚も。久しぶりに食べましたが、やっぱり美味いですね~。1人前(8コ)480円はコスパもGOOD!

 

テーブルには「餃子のタレ」、「ニンニク」、「一味唐辛子」がセットされています。餃子は“ニンニクが入っていない““あっさり目の味付け”なので、「餃子のタレ」に「ニンニク」を入れ、たっぷりそのタレに浸して食べるのがオススメ!これは、昔、教わった食べ方です(笑)。

 

 

そして、もう一品、

 

  • 水餃子(8コ)(520円)

 

 

中華風スープに浮かぶ水餃子。餃子自体も「焼餃子」とは違うもので、具材にはエビも入っていたりします。皮の食感も“プルン”としていて、滑らかな舌触りでめちゃくちゃ美味。

 

おそらく、「焼餃子派」か、「水餃子派」かで分かれるんじゃないかなぁって思うくらい、どちらも美味。

 

お腹がいっぱいになってしまったのと、“追加注文は出来ない仕組み”(ドリンクは除く)なので、「鉄鍋蒸し餃子」と、「ニラ餃子」はこの日はおあずけ。またの機会に。でも、結局、毎回、自分の中でのベターなものを注文してしまうんですけどね(笑)。

 

久々の「萬金」。お目当てだった、「焼餃子」と「水餃子」を無事に食べることができ、美味しさに、満足、満腹。ご馳走様でした!

 

『ギョウザの萬金』
住所:神奈川県相模原市相南4-1-7
電話:042-746-5855
営業時間:AM11:00~PM9:30(ラストオーダーPM9:00)
定休日:水曜日(※祝祭日の水曜は営業し、翌木曜がお休み。)

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました