作詞と作曲どちらが大変?曲作りで一番大変なのは〇〇を決めること

エッセイ
スポンサーリンク
Q.作詞と、作曲、どちらが大変ですか?

 

という質問を頂くことがあります。これに関して、僕は断然、作詞の方が大変。作曲だけなら、1曲15分~30分もあれば、簡単なメロディーを作ることが出来ます。

 

“作曲って、なんか難しそう”ってみんな思いがちだけど、実は決して難しくはないんです。Aメロ、Bメロ、サビと、別々に作って、繋ぎ合わせればいいだけ。

 

作曲のコツ。『モチーフ』を作ることで簡単に出来ます【音楽活動】
相談ミュージシャン作曲の方法についての質問です。どんな風に作っていますか?詞先か?曲先か?どちらが良いですか?コツなどあれば教えてください。それと、やっぱり音楽は”降りて来るもの”ですか?あなたはこんな疑問をお持ちではないですか?...

 

そして、曲って、大概、前のメロディーに引っ張られて次のメロディーが出てくるものなので、頭のメロディーが決まってしまえば、あとは流れるように出てくるものだったりします。

 

スポンサーリンク

坂本の作曲方法

 

ちなみに僕は、譜面を書けないし、読めもしないです。じゃあ、どうやって曲を作るのか?

 

  • ボイスレコーダーで鼻歌を録音 ⇒ ギターでコードを付ける。
  • 鍵盤に向かい左手で和音を引いてイメージを膨らませ、右手で適当に単音を弾くか、鼻歌を録音。⇒ ギターでコードを付ける。

 

主にこの2つのどちらかの方法で作曲をすることが多いです。

 

初心者でも簡単に出来る作曲方法を紹介【楽譜の知識なんて不要】
音楽活動を始めたばかりで知識ゼロ。楽器も弾けないし、楽譜も読めない。でもオリジナルを作りたいので作曲の仕方を知りたい。こんな風に思っているあなたの為に本記事では下記の内容を解説します。記事の内容 初心者でも簡単に出来る作曲方法【楽譜の知識

 

①メロディーを作る
②ギターで簡単にコードを付ける
③弾き語りでデモ音源を作る
④デモ音源をアレンジャーに送って編曲してもらう

 

これらが一連の流れ。

 

スポンサーリンク

作詞で大変なのは「テーマ」決め

 

作曲よりも、歌詞の方が僕は大変。その理由というのが「テーマ」決め。

 

“何について書くか”というのを決めるのが何よりも大変。これはまぁ、作詞だけに関わらず、作曲でもそうなんですが。逆に言うと、僕の場合、このテーマが決まってしまえば、わりとすんなり作詞も、作曲も進んだりします。

 

ちなみに、最近で言えば、「星に願いを」という曲。

 

星に願いを
作詞・作曲 坂本明宏 いつか見た星座の物語 心揺さぶられたなぁ 遠い星に 思いを馳せて 気づけば幾つもの日 星に願いを 星に祈りを 僕らの未来を そっと教えて CDをお求めの場合はこちらから→ ...

 

この曲は、J:COMで放送のアニメ「アストロロジー~おかしな12星座占い~」のエンディングソングとして書きおろした曲。

 

お話を頂いた時点で、締め切りまで1週間(笑)。でも、アニメの内容が”12星座占い”ということで、「星」をテーマに曲を書くということが決まったので、1時間程度で作詞、作曲も仕上がった曲。(1分という制約もあったので、わりとすんなりと)

 

作詞については、とりあえず、僕の場合、まず言葉をたくさん書き出します。そして、あとは、パズルのように並べ替えたり、曲に合わせて文字数を合わせたり、違う言葉で言い換えてみたりといった作業の連続。

 

こうして今書いているブログもそうだったりするんですが、やっぱり、言葉や文字を書くっというのは、なかなかに骨が折れる作業ではあります。集中力こそが必須能力かも(笑)。

 

作詞、作曲、どちらが大変か?というと僕の場合、作詞の方が大変。でも、何より、本当に一番大変なのは、“作ろう!”と思う、気持ち作りだったりするかもです(笑)。

 

歌詞一覧
坂本あきひろがこれまでに制作したオリジナル曲の歌詞一覧です。

 

メールマガジンを登録して坂本あきひろを応援!

 

 

タイトルとURLをコピーしました